CELANTニュース
ニュース一覧

【2017年10月20日開催セミナー】メールマーケティングをもっと効果的に!MAと組み合わせたリテンション施策とは

SBCF2017

 

顧客ニーズが多様化する中、メールでも一斉配信やステップ配信だけではなくone to oneマーケティングが一般的になってきました。そこで注目を集めているのがMAです。

パイプドビッツ社が提供しているスパイラル®と連携してメールマーケティングをもっと効果的に行うため、MAと組み合わせたリテンション施策についてご紹介致します。

本セミナーはパイプドビッツ社が主催の記念すべき10回目の開催となる『スパイラル ビジネスコネクターズフォーラム(SBCF)』にて弊社が登壇させていただきます。

続きを読む ›

カテゴリー: xross data, その他

[xross data] バージョンアップ – LINE配信機能強化

『xross data』バージョンアップ

〜LINE配信機能を強化〜

 

 

LITEにはじめるクラウド型マーケティングオートメーションツール『xross data』のLINE配信機能を強化したバージョンアップ版を2017年10月02日より提供開始しました。

主な機能バージョンアップは以下の通りです。

 

 

1.イメージマップ対応

コミュニケーションのLINEメッセージ配信およびWebhookのレスポンスタイプでイメージマップの配信に対応しました。

画像はドラッグ&ドロップ:LINEの仕様に沿ったサイズにリサイズして画像が保存されて配信

170928-0008

領域選択:領域を持つ8つのイメージタイプから選択

170928-0005

リンクの設定:各領域ごとにリンク先のURLを入力

170928-0006

 

 

2.Unmatch Event対応

ユーザーが発信したメッセージに対して、Webhookイベント設定に登録されたレスポンスタイプすべてにマッチしない場合に特定のメッセージをレスポンスしたり、外部システムに連携するUnmatch Eventを追加しました。

レスポンスタイプはメッセージとリダイレクトから選択できます。

 170928-0007

 

 

3.API型LINE@アカウント対応

お使いのLINE@アカウントがAPI型の場合、30日以内にAccess Tokenのリフレッシュが必要になります。

コミュニケーションのLINEメッセージ配信およびwebhookのレスポンスメッセージにおいて、定期的にAccess Tokenをリフレッシュする機能が加わりました。

これによりAPI型LINE@アカウントをお使いの企業もご利用頂くことができます。

今後もLINEメッセージタイプの追加および仕様変更に迅速に対応して参ります。

 

 

◆LITEにはじめるマーケティングオートメーションツール「xross data」について

xross dataは『LITEにはじめる』をコンセプトにしたセランが開発・提供する純国産のマーケティングオートメーションツールです。

かご落ちやブラウザ放棄リマインド、離脱防止フォローなど、行動ログを組み合わせた効果の出やすい簡単なリマインド施策から任意に作成したシナリオ配信、外部システムうでセグメントしたターゲットリスト配信まで、低価格にOne to Oneマーケティングを実施したいというニーズにマッチするサービスで、2014年8月の提供開始から多くのウェブサイトに導入されています。

2017年2月から順次メール配信機能、LINEメッセージ機能、WEBプッシュ機能を提供開始し、xross data独自の配信チャネルを活用したメッセージマーケティングを低価格で実現しています。
 

 

カテゴリー: xross data タグ: ,

[xross data] バージョンアップ – ターゲットリスト配信に対応

『xross data』バージョンアップ

〜ターゲットリスト配信に対応〜

株式会社セラン(東京都千代田区、代表取締役 佐々木 孝司、以下『セラン』)は、LITEにはじめるクラウド型マーケティングオートメーションツールxross data(クロスデータ、以下『xross data』)のバージョンアップ版を2017年9月20日より提供開始しました。

 

 

170912-0003

 

 

これまでxross dataのメッセージ配信は、①タグで収集した行動ログと②会員マスターインポートで投入したデモグラ情報、③xross dataで集計したCRM情報を組み合わせてセグメントし、ターゲットリストをxross data内部で生成してメール、LINE、WEBプッシュの配信チャネルを活用してメッセージ配信を実現していました。

メッセージ配信方法としては、基本的に行動ログを起点にしてデモグラやCRM情報を組み合わせる配信、例えばカート放棄やブラウザ放棄、○○日以上アクセスの無いユーザーを抽出し、そこに性別や会員ステージをフィルタリングして対応するコンテンツを配信するという条件のみで、xross data上でセグメントできる情報のみに限られていました。

 

 

メッセージの発射台として活用可能に

この度リリースしたターゲットリスト配信はメッセージ配信の発射台としての機能を提供します。

xross data上で管理していないステータス(例えば商品の出荷情報)を使った配信や、xross dataでは生成できないリスト(例えば商品レコメンドなど)を外部システムからインポートし、そのターゲットリストに対してxross dataの配信チャネルを使ったメッセージ配信を実現します。

 

170919-0002

 

ターゲットリストの特徴

  • ターゲットリストは施策別にいくつでも作ることができます。
  • インポートしたリストに対して最短で15分後にメッセージが配信できます。
  • メッセージに差し込みする項目は最大50個まで設定することができます。
  • インポート項目に個人情報を含む場合は暗号化されて安全に保存されます。
  • インポートAPIを用意しているため、システム間連携が容易です。
  • 配信チャネルはメール、LINE、WEBプッシュ、SMS(11月予定)の4つから選択可能です。

 

具体的な用途

  • 出荷情報をインポートしてメッセージでお知らせ
  • レコメンドシステムと連携してオススメ商品を配信
  • 未払いユーザーにに対してSMSで請求催促
  • 自社で分析・セグメントしたターゲットリストに複数チャネルでクーポン発行

 

 

◆LITEにはじめるマーケティングオートメーションツール「xross data」について

xross dataは『LITEにはじめる』をコンセプトにしたセランが開発・提供する純国産のマーケティングオートメーションツールです。

かご落ちやブラウザ放棄リマインド、離脱防止フォローなど、行動ログを組み合わせた効果の出やすい簡単なリマインド施策から任意に作成したシナリオまで、低価格にOne to Oneマーケティングを実施したいというニーズにマッチするサービスで、2014年8月の提供開始から多くのウェブサイトに導入されています。

2017年2月から順次メール配信機能、LINEメッセージ機能、WEBプッシュ機能を提供開始し、xross data単体で配信チャネルを活用したメッセージマーケティングを低価格で実現しています。

カテゴリー: NEWS, xross data

[xross data] トランスコスモスが提供する「DECAds Connect Edition」と連携開始

20170911_0001

2017年9月11日(月)、株式会社セランが開発・販売する「xross data」がトランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715、以下、トランスコスモス)が提供する「DECAds Connect Edition ダイナミックリタゲトーク」と連携を開始しました。

 

詳細はこちらをご覧ください(外部サイトに遷移)

 

 

カテゴリー: NEWS, xross data タグ: ,

[xross data] LINEのWebhook対応機能を搭載。手軽にBotサーバーを構築可能に。

top-20170712

 

LINE Webhook対応機能を実現したマーケティングオートメーションツール「xross data(クロスデータ)」の最新バージョン7月12日リリース!

 

インターネットサービス手がけている株式会社セラン(本社:東京都千代田区、代表取締役:佐々木 孝司)は、クラウド型マーケティングオートメーションツール「xross data(クロスデータ)」に、LINEのWebhook対応機能などを実装した最新バージョンを7月12日(水)にリリースします。

 

「xross data」は『LITEにはじめる』をコンセプトに、セランが開発・提供する純国産のマーケティングオートメーションツールです。カゴ落ちやブラウザ放棄リマインド、離脱防止フォローといった、行動ログを組み合わせた効果の出やすい簡単なリマインド施策をじはじめ、顧客属性やCRMデータを組み合わせて任意に作成したシナリオまで、電子メール、LINE、Webプッシュなどの配信チャネルを活用しながら低コストでOne to Oneマーケティングを実現したいというニーズにマッチすることが大きな特徴のサービスです。

2014年8月の提供開始から多くのWebサイトに導入されています。

 

 

LINEのWebhook機能追加を実装・提供する背景

 

これまで「xross data」ではECサイトの会員IDとLINE IDを連携(以下、ID連携)した会員のみメッセージ配信が可能でした。ID連携はLINEログインをECサイトに実装する必要があるため、施策実施までのリードタイムが長くなり、ECサイトの改修費用の増加で導入を断念するケースが多々ありました。

また、LINEで友だち登録しているがID連携していないユーザーにはメッセージ配信ができませんでした。ID連携していないユーザー数は、友だち登録ユーザー数の80〜90パーセントと言われており、これらユーザーに対してのメッセージ配信が喫緊の課題でした。

 

 

Webhook機能で広がるLINEの可能性

 

Webhook機能はLINEが提供しているMessaging APIの1つで、友だち登録やユーザーから送信されたメッセージをリアルタイムに受信する仕組みです。この仕組みを活用することで、Botサーバを構築しユーザーが発信するイベントに応じた処理を行うことが可能です。

 

「xross data」がWebhookに対応したことで、友だち登録やブロック、メッセージ発信などのイベントに応じた処理を設定画面で簡単に設定することができるようになりました。

 

この結果、「友だち登録したがID連携していない」「友だち登録後に1度もメッセージに反応していない」ユーザーにメッセージを配信したり、ユーザーが発信するメッセージイベントに応じた簡単な双方向の選択型コミュニケーションなどが可能になります。

 

たとえばECサイトを運用しているLINEアカウントの場合には、「過去1度もサイトに訪れていない友だちのみを対象としてクーポンを配布」や「友だちが“SALE”とメッセージを送信するとセール中の商品情報を自動で返信」することもできます。

 

またユーザーの発信イベントに応じたほかのシステムへの転送機能も備えているため、レコメンドシステムやAIを活用したChatbot(チャットボット)との連携やバーコード生成、クーポン発行など独自で開発したシステムとの連携も柔軟に対応できます。

 

「xross data」がサポートするWebhookイベント

LINEのプラットフォームで発生した次のイベントに対して、ユーザーに対してのメッセージ配信、またはほかのシステムへの転送設定が可能です。

Follow 友だち登録
Unfollow ブロック
Join トークルームに参加
Leave グループから退出
Beacon LINE Beaconデバイスの受信圏内に出入り
Postback ポストバックアクション
Message メッセージ送信

 

 

 

セランは、これまで大量の行動ログを解析してきた独自の技術を活かして企業と顧客との良質なコミュニケーションを支援するため、今後もさらなる機能・サービス拡充に努めてまいります。

 

* LINEは、LINE 株式会社の商標または登録商標です。

 

 

「xross data(クロスデータ)」について

株式会社セランが開発・提供する「xross data(クロスデータ)」は、パーソナライズド・コミュニケーションでECサイトの販売力を強化するためのマーケティングツールです。

オンラインの行動ログや企業が保有する会員の属性データ、「xross data」で分析したCRM情報を組み合わせてメール、LINE、Webプッシュで最適なコミュニケーションを自動化しECサイトの売上げアップに貢献します。

 

[提供形態/販売価格]クラウドサービス(ASP・SaaS)

初期費用:50,000円(税別)

月額費用: 40,000円(税別)〜

 

 

【本ニュースリリースに関するお問合せ先】

株式会社セラン

広報担当

TEL:03-5289-9577

FAX:03-5289-9578

E-Mail:info@cellant.jp

 

 

 

カテゴリー: PRESS, xross data タグ: ,

[xross data] 総合顧客管理(CRM)システム「Synergy!」と連携開始

xd-synergy

 

 

 

株式会社セラン(所在地:東京都千代田区、代表取締役 佐々木 孝司、以下『セラン』)は、シナジーマーケティング株式会社(所在地:大阪府大阪市、代表取締役社長 田代 正雄)が開発・提供する総合顧客管理(CRM)システム「Synergy!」と連携し、カゴ落ちやお気に入り登録、商品閲覧など、ユーザーの行動をトリガーにしたリテンションメールを「Synergy!」から自動配信する機能を「xross data」に追加し、2017年6月26日から提供を開始します。

 

コストを掛けずにリテンションメールの自動配信を実現

 

「xross data」は『LITEにはじめる』をコンセプトに、セランが開発・提供する純国産のマーケティングオートメーションツールです。カゴ落ちやブラウザ放棄リマインド、離脱防止フォローなど、行動ログを組み合わせた効果の出やすい簡単なリマインド施策から任意に作成したシナリオまで、電子メール、LINE、Webプッシュなどの配信チャネルを活用して低コストOne to Oneマーケティングを実施したいというニーズにマッチするサービスで、2014年8月の提供開始から多くのWebサイトに導入されています。

 

この度、「xross data」と「Synergy!」の連携を実現したことにより、両サービスをご利用されるお客様は、Webサイトの行動履歴からリピート購入やアップセル、クロスセルなどを促進するリテンションメールを、システムのカスタマイズコストをほとんど掛けずに、自動で配信できるようになります。

 

 

連携で実現できるリテンション施策メールの例

 

  • カート放棄商品のリマインドメール
  • お気に入り登録商品のリマインドメール
  • 商品閲覧履歴のリマインドメール
  • 会員登録後に未購入の会員に対してのフォローメール
  • 最終訪問から○○日以上経っている会員に対しての訪問促進メール
  • 離脱候補者に対してのフォローメール

 

上記のメール施策の例は、すべて「xross data」の施策プリセットとして標準で用意されています。また、システム連携の設定やターゲットリスト生成条件および連携タイミングは全て管理画面から選択方式で設定することができるため、システムに詳しくない担当者でも簡単に導入できます。

 

170622-0001

 

 

セランは、大量の行動ログを解析する技術を活かし、企業と顧客との良質なコミュニケーションを支援するため、今後もさらなる機能・サービス拡充に努めてまいります。

 

 

 

xross data』について

株式会社セランが開発・提供する「xross data(クロスデータ)」は、パーソナライズド・コミュニケーションでECサイトの販売力を強化するためのマーケティングツールです。オンラインの行動ログや企業が保有する会員の属性データ、「xross data」で分析したCRM情報を組み合わせてメール、LINE、Webプッシュで最適なコミュニケーションを自動化しECサイトの売上に貢献します。

 

[提供形態/販売価格] クラウドサービス(ASP・SaaS)

初期費用:50,000円(税別)

月額費用: 40,000円(税別)〜

 

 

Synergy!』について

シナジーマーケティング株式会社が開発・提供する「Synergy!」は、「新しいお客様を集めたい」「見込み顧客を商品購入/成約に繋げたい」「リピーターを増やしたい」などのご要望にお応えする国産のCRMシステムです。2005年のサービス提供開始以来、企業規模や業種・業態を問わず、約3,000のお客様にご利用いただいています。システムの提供だけでなく、設定代行やコミュニケーション設計など企業様のCRM活動に必要なすべてを総合的にご支援しています。

 

[提供形態/販売価格] クラウドサービス(ASP・SaaS)

初期費用:118,000円(税別)

月額費用: 15,000円(税別)〜

 

 

【本ニュースリリースに関するお問合せ先】

株式会社セラン

広報担当

TEL:03-5289-9577  FAX:03-5289-9578  E-Mail:info@cellant.jp

 

 

カテゴリー: PRESS, xross data タグ: ,

[xross data] フィードフォースが提供する「ソーシャルPLUS」と連携開始

株式会社セラン(東京都千代田区、代表取締役 佐々木 孝司、以下『セラン』)は、クラウド型マーケティングオートメーションツールxross data(クロスデータ、以下『xross data』)と、ソーシャルログイン導入実績No.1サービス「ソーシャルPLUS」を提供する株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)が提供する「ソーシャルPLUS」を連携し、2017年5月30日より提供開始しましたのでお知らせいたします。

 

デバイスやメディアの多様化に伴いユーザー行動の多様化が進む昨今、最適な顧客アプローチを行うためには、デバイスに左右されず、様々なプラットフォームと連動可能なIDベースのマーケティング戦略が重要となります。

「ソーシャルPLUS」が提供するLINEログイン機能とxross dataの連携を行うことで、企業のWebサイトの顧客IDとLINEアカウントのID連携を容易に実現することができます。

 

170529-0001

これにより、①自社サイトへのLINEログイン実装における開発コストを最小化、②LINEログインにより顧客IDとLINEアカウントが自然に紐付けられるためID連携率が向上、③ID連携した顧客に向けて自社データベースで保有している属性情報やWEBサイトの行動ログを活用し、高度にセグメントしたOne to Oneメッセージを効率的に配信することが可能となります。

 


 

 

◆ソーシャルログイン導入実績No.1サービス「ソーシャルPLUS」について

フィードフォースが提供する「ソーシャルPLUS」は、ソーシャルログイン機能を既存のWebサイトやネイティブアプリに簡単かつ安価に導入できるASPサービスです。

LINEやFacebook、Twitterなど、複数のプラットフォームに対応したソーシャルログインの実装実績が多数あり、国内の様々な企業においてソーシャルログイン導入の支援を積極的に行っております。

また、ソーシャルPLUSはLINEログインオプション機能を提供しており、企業のLINEアカウントと連動するLINEログインをはじめ、友だち追加APIやプロフィール+等の各種機能の導入にも対応しています。

株式会社フィードフォース

ソーシャルPLUS

◆LITEにはじめるマーケティングオートメーションツール「xross data」について

xross dataは『LITEにはじめる』をコンセプトにしたセランが開発・提供する純国産のマーケティングオートメーションツールです。

かご落ちやブラウザ放棄リマインド、離脱防止フォローなど、行動ログを組み合わせた効果の出やすい簡単なリマインド施策から任意に作成したシナリオまで、低価格にOne to Oneマーケティングを実施したいというニーズにマッチするサービスで、2014年8月の提供開始から多くのウェブサイトに導入されています。

2017年2月から順次メール配信機能、LINEメッセージ機能、WEBプッシュ機能を提供開始し、xross data単体で配信チャネルを活用したメッセージマーケティングを低価格で実現しています。

 

xross dataサービスサイト

 

 

 

 

カテゴリー: NEWS, xross data タグ: ,

[xross data] WEBプッシュ配信機能をリリース

セラン、LITEにはじめるMAツール

「xross data」にWEBプッシュ配信機能を搭載

2017年4月24日より提供開始

 

株式会社セラン(東京都千代田区、代表取締役 佐々木 孝司、以下『セラン』)は、クラウド型マーケティングオートメーションツールxross data(クロスデータ、以下『xross data』)のコミュニケーション機能にWEBプッシュ配信チャネルを追加し2017年4月24日より提供開始しましたので発表致します。

 

xross dataは『LITEにはじめる』をコンセプトにした純国産のマーケティングオートメーションツールです。

かご落ちやブラウザ放棄リマインド、離脱防止フォローなど、行動ログを組み合わせた効果の出やすい簡単な施策から任意に作成したシナリオまで、低価格にOne to Oneマーケティングを実施したいというニーズにマッチするサービスで、2014年8月の提供開始から多くのウェブサイトに導入されています。

 

 

メールとLINEに加え『WEBプッシュ』配信チャネルを搭載

 

xross dataは、ウェブサイト来訪者の特徴や行動を解析して個々を可視化し、セグメントした顧客に対して配信チャネルを使ってOne to Oneメッセージを配信することが可能です。

 

これまでは、メールとLINE@アカウントへのメッセージ配信のみでしたが、これら配信チャネルは会員限定でした。

会員とOne to Oneコミュニケーションを行うことで、高い成果をあげることは、これまでの事例で実証されておりますが、多数のサイトを分析すると会員よりもゲストユーザーの離脱ボリュームが大きく、一度サイトを離脱したゲストユーザーに再訪問を促し、ご購入頂くことがサイト運営者の喫緊の課題となっています。

 

今回提供する『WEBプッシュ』は、サイトから離脱したゲストユーザーにもメッセージ配信ができるコミュニケーション機能です。マスター連携をしてメールアドレスをインポートしたり、LINEログインの画面開発をする必要はありません。

ウェブサイトに数行のJavaScriptを設置してパーミッションを取るだけで、メールやLINE@アカウントへのメッセージ配信同様に、一斉配信のみならず行動ログをトリガーにしたOne to Oneメッセージをユーザーのデバイスに直接届けることができるようになります。

 

 

専用の接客ツールを提供

 

WEBプッシュは、ウェブサイト上でユーザーにパーミッションを取ることでオプトインします。

パーミッションの取得はブラウザの標準ダイアログに依存するために機械的で且つカスタマイズできないため、単にダイアログを表示するだけではユーザーに不信感を与え敬遠されることが想像されます。

ユーザーにスムーズにオプトインさせるためのツールとして、WEBプッシュ専用の接客ツールを提供します。この接客ツールは管理画面でデザインや配信ルール、ボタンクリック時の挙動を設定することが可能で、システムに詳しくない担当者でも簡単に設定することができます。

また、ウェブサイトに配信停止ボタンを設置し、クリックイベントだけでオプトアウトするためのAPIも提供しています。

 

 

用途に合わせた配信チャネル

 

じっくり読んで欲しいメッセージはメールで、即時性が効果的なお知らせやカゴ落ち・ブラウザ放棄などのリマインドはLINEとWEBプッシュで、ゲストユーザーに期間限定の会員登録クーポンをWEBプッシュで、防止やクーポンを使った掘り起こし施策は全チャネルで配信するなど、用途に合わせたシナリオを設定することができます。

 

 

プリセットされたシナリオの例

 

  • カゴ落ち商品のリマインド
  • ブラウザ放棄した商品のリマインド
  • お気に入り登録商品のリマインド
  • 会員登録後に未購入の会員に対してのフォロー
  • 最終訪問から○○日以上経っている会員に対しての訪問促進
  • 離脱候補者に対してのフォロー

 

これらは標準にプリセットされたシナリオで、選択するだけで簡単に開始することができます。もちろん、メッセージ配信から3日間訪問していないユーザーへ別のメッセージを配信するなど独自のシナリオをカスタム設定で構成することも容易です。

プリセットは行動ログをトリガーにしたシナリオとなっていますが、一斉配信や顧客属性使ったセグメント配信、スケジュール配信にも対応しています。

 

 

最短20分後のトリガーメッセージ

 

ユーザーがウェブサイトで起こしたアクションに対して、最短で20分後にメッセージを配信することができます。

例えば、購入フローの確認画面にアクセスした後に20分経っても購入アクションが無い会員に送料無料クーポンを送るなど、タイムリーな施策を実現します。

 

 

その他のリリース機能

 

WEBプッシュ施策測定レポート

配信数、開封数、クリック数、CV数や売上金額など、マーケッターが必要とするKPIは全てレポートします。費用対効果を明確化するとともに、他配信チャネルとの比較検証も簡単に参照可能です。

 

フリークエンシー設定

これまで、メールとLINEへのメッセージ配信は1つのフリークエンシー設定で、どちらかの配信チャネルに配信すると、他の配信チャネルには配信できませんでした。

今回のバージョンアップでは、配信チャネル毎にフリークエンシーを設定できるため同じメッセージを複数の配信チャネルに配信したり、1チャネルで配信後は別チャネルでは未配信にするなど、柔軟な設定を可能にしています。

 

 

セランは、企業と顧客との良質なコミュニケーションを支援するため、今後も新機能を追加してより使いやすいツールにブラッシュアップするほか、他社サービスとの連携をすすめ、さらなるサービス拡充に努めてまいります。

 

※ LINE は、LINE 株式会社の商標または登録商標です。

※ xross dataの『WEBプッシュ』機能に対応するブラウザとバージョン情報は別途お問い合わせください。

 

以上

カテゴリー: NEWS, PRESS, xross data タグ: ,

[xross data] メールもLINEも〜コミュニケーション機能をリリース

セラン、LITEにはじめるマーケティングオートメーションツール

「xross data」にコミュニケーション機能を搭載し2017年2月9日より提供開始

〜メール配信とLINE配信に対応〜

 

株式会社セラン(東京都千代田区、代表取締役 佐々木 孝司、以下『セラン』)は、LITEにはじめるクラウド型マーケティングオートメーションツールxross data(クロスデータ、以下『xross data』)の新機能として、メールとLINE@アカウントに対応したコミュニケーション機能を2017年2月9日より提供開始しましたので発表致します。

 

「xross data」は、大規模なマーケティングオートメーションツールを導入する前のファーストステップマーケティングとして、カゴ落ちやブラウザ放棄リマインド、離脱防止フォローなど、行動ログを組み合わせた効果の出やすい簡単な施策からOne to Oneマーケティングを試したい、そのようなニーズにマッチするクラウド型サービスで、2014年8月の提供開始から多くのウェブサイトに導入されています。

 

 

メールとLINEでコミュニケーションが可能に

 

「xross data」は、ウェブサイトに数行のコードを埋め込むだけで、来訪者の特徴や行動を解析して個々を可視化して分析、顧客をセグメントすることができるサービスです。

 

これまでは、セグメントしたリストを他社が提供するメール配信システム連携することで、リテンション施策のメール配信を実現していましたが、「xross data」にコミュニケーション機能を搭載することで、同一の管理画面で分析、シナリオ設定、メッセージの管理と配信、効果測定を提供する使いやすいサービスになりました。

 

コミュニケーション機能では、メール配信に加え、LINE@アカウントへのメッセージ配信をオプションとして選択可能で、企業のニーズに合わせてご利用頂けます。

 

じっくり読んで欲しいメッセージはメールで、カゴ落ちやブラウザ放棄などのリマインドはLINEへ、離脱防止やクーポンを使った掘り起こし施策はメールとLINEの双方に送るなど、用途にあったシナリオを設定することができます。

 

プリセットされたシナリオの例

 

  • カゴ落ち商品のリマインド

  • ブラウザ放棄した商品のリマインド

  •  お気に入り登録商品のリマインド

  •  会員登録後に未購入の会員に対してのフォロー

  •  最終訪問から○○日以上経っている会員に対しての訪問促進

  •  離脱候補者に対してのフォロー

 

これらは標準にプリセットされたシナリオで、選択するだけで簡単に開始することができます。もちろん独自のシナリオをカスタム設定で構成することも容易です。

プリセットは行動ログをトリガーにしたシナリオとなっていますが、一斉配信や顧客属性使ったセグメント配信にも対応しています。

 

 

最短20分後のトリガーメッセージ

 

ユーザーがウェブサイトで発生した起こしたアクションに対して、最短で20分後にメッセージを配信することができます。

例えば、購入フローの確認画面にアクセスした後に20分経っても購入アクションが無い会員に送料無料クーポンを送るなど、タイムリーな施策を実現します。

 

 

機能ダイジェスト

 

メール機能

  • 無料で使えるレスポンシブ対応のHTMLテンプレート
  • HTML、テキスト、デコメ対応
  • マルチパート対応
  • デバイスの切り替えプレビュー
  • ABテスト(未配信+コンテンツ別の配信割合設定可能)
  • 簡単に使える情報の差し込み設定
  • 開封タグ(HTMLメールのみ)

 

LINE機能

  • 多様なメッセージタイプ選択
  • 絵文字の差し込み
  • 通知サービス用のメッセージ設定
  • アクションタイプの柔軟な設定
  • 簡単に使える情報の差し込み設定

 

セランは、企業と顧客との良質なコミュニケーションを支援するため、今後はコミュニケーションにウェブプッシュ機能を追加していくほか、その他の外部サービスとの連携をすすめ、をさらなるサービス拡充に努めてまいります。

 

※ LINE機能 のご利用には、別途LINE株式会社とLINE@プロプランのご契約が必要です。

 プランの詳細は http://at.line.me/jp/plan をご確認下さい。

※ LINE は、LINE 株式会社の商標または登録商標です。

 

会社概要

社名 株式会社セラン(CELLANT Corporation.)
設立 2005年9月2日
資本金 3,600万円
代表者 代表取締役 佐々木孝司
住所 〒101-0023 東京都千代田区神田松永町17 アサヒKビル5階
TEL 03-5289-9577
FAX 03-5289-9578
URL http://www.cellant.jp/
事業内容 インターネット関連ソフトウェアの企画・開発・販売

 

本ニュースリリースに関するお問合せ先

株式会社セラン

広報担当

TEL:03-5289-9577

FAX:03-5289-9578

カテゴリー: NEWS, PRESS, xross data タグ: ,

年末年始休業のお知らせ

誠に勝手ながら、以下の年末年始期間の営業を休業とさせていただきます。

 

■休業期間

2016年12月29日(木) 〜 2017年1月4日(水)

休業期間中のお問合せ等につきまして、ご利用中の皆様に何かとご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承頂きますようよろしくお願い申し上げます。

 

なお、システム監視とサーバ管理は年末年始も休まず対応しております。
また新年は、2017年1月5日(木)10時より通常営業を開始致します。

 

来年も引き続き変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

カテゴリー: NEWS

ご興味のあるお知らせはありましたか?

担当のスタッフがご連絡致します。
お気軽にお問い合わせください。