CELANTニュース
ニュース一覧

[xross data] iOSアプリ計測用SDKをIPv6に対応

2016年07月05日(火)、iOS版SDKをバージョンアップしてIPv6に対応しました。

 

更新内容

 

1.IPv6対応

IPv4を利用するコードの削除、置き換えを行いIPv6に対応しました。

SDKを組み込んだアプリを公開申請し、問題なく審査が通っています。

 

2.SSL通信対応

下記設定項目で指定されたURLのスキームが httpの場合、httpsへ強制置換して通信を行います。

  • SDK_BEACON_URL
  • SDK_CONVERSION_URL

 

例)http://www.xdata.jp/… → https://www.xdata.jp/…

 

以上

カテゴリー: NEWS, xross data タグ: ,

[xross data] バージョンアップ – 顧客ポートフォリオ、他

セラン、LITEにはじめるマーケティングオートメーションツール

『xross data』のバージョンアップ版を提供開始

 

 

株式会社セラン(東京都千代田区、代表取締役 佐々木 孝司、以下『セラン』)は、LITEにはじめるクラウド型マーケティングオートメーションツールxross data(クロスデータ、以下『xross data』)のバージョンアップ版を2016年6月20日より提供開始しましたので発表致します。

 

xross dataは、キャンペーンマネジメントツールやプライベートDMPを導入する前のファーストステップマーケティングとして、カート放棄リターゲティングや商品閲覧リマインド、会員登録後未購入のユーザーに対するフォローなど、行動ログを組み合わせた効果の出やすい簡単な施策からデータベースマーケティングを試したい、そのようなニーズにマッチするクラウド型サービスで、2014年8月の提供開始から多くのWebサイトに導入されています。

この度、xross dataのバージョンアップ版を提供開始するにあたり、以下に記す機能の提供を開始致します。

 

 

1)顧客ポートフォリオ分析

購入履歴から新規、育成、成長、急伸、優良の5つのステージとActive(現役)、Passive(離脱)のステータスに会員を分類して、自社サイトの事実を把握できるレポートを提供します。

レポートは、分析に必要な機能を備え且つ高いユーザービリティで簡単に使えるように仕上げています。

 

①   視認性の高いレポート

数値情報だけでなく、各ステージ状況のバブルチャート、ステージ間遷移率やステージ別売上金額を時系列のグラフでレポートします。これまでBIツールを駆使してレポート作成していた作業は必要ありません。xross dataにログインすれば、常に最新の顧客ポートフォリオが確認できます。

 

②   ステージ別の会員リストの抽出

各ステージに分類されたユーザーをその場でリスト抽出可能です。担当部門にリスト抽出を依頼したり、SQLを実行するなどの手間は必要ありません。

 

③   直近30日間の訪問状況

Activeステージに分類された会員でも、サイトに訪問していなければ離脱候補になり得ます。逆にPassiveステージの会員で訪問していれば、Activeステージに復活する可能性があります。訪問状況を確認すれば次の一手が見えてきます。

 

④   離脱候補者

今後1〜4週間以内にActiveステージからPassiveステージに離脱する可能性のある会員をリストアップします。

 

⑤   セグメントの設定

各ステージおよびステータス、訪問状況や離脱候補は、セグメントの条件として設定することができます。例えば、成長ステージの離脱候補者にフォローメールを配信するように設定しておけば、毎日決まった時間にその日に離脱候補となった会員に対して自動的にメールを配信することが簡単に実現します。

 

⑥   自由度の高い設定

各ステージの遷移期間やActiveからPassiveの離脱期間、成長ステージから優良ステージへ遷移するための累計売上金額の閾値は任意に設定可能です。これにより、自社サイトのビジネスにマッチした自由度の高いレポートを作ることができます。

 

⑦   購入履歴インポート

顧客ポートフォリオ機能リリースに平行して、過去の購買データインポート機能を提供開始します。過去の購買データをインポートすることで、xross data導入前に遡って顧客ポートフォリオを生成します。

また、購入履歴のインポートはAPIを用意しています。毎日購入履歴をインポートすることで、自社サイトの購入履歴データベースと一致した正確な分析が可能となります。

 

 

2)商品ランキング

これまでの商品の相関分析機能に加え、商品閲覧、カート投入、購入ランキングレポートを提供します。

閲覧およびカート投入ランキングでは、購入転換率を確認することができるため、例えばカート投入後に購入率の高い商品を特定し、商品情報を使った施策に役立てることができます。

 

この他にも設定機能やデータダウンロード仕様の追加など、ブラッシュアップをしています。

 

セランでは、今後もxross data のバージョンアップや他社が提供するクラウドサービスと連携など、サービス利用者に付加価値の高いサービス提供を行っていく予定です。

 

 

提供形態/販売価格

初期費用        50,000円(税抜)

月額費用        40,000円(税抜)〜。

月額費用は、xross dataで管理する会員数および月間のMAUPにより料金を算出します。

 

 

MAUP(アクティブプロファイル)とは

xross dataでは、プロファイルという概念でユーザーを識別します。ユーザーが複数デバイスを利用しても、会員IDなどの顧客識別子で統合された場合は1プロファイルとして識別します。よって、複数デバイスでアクセスしていても、1アクティブプロファイルユーザーとしてカウントします。

 

会員数とは

会員IDが紐付いたプロファイルの数を言います。つまり、会員IDが紐付かないAnonymousユーザーは、会員数の課金対象に含まれません。

 

 

 

サービスについて

製品サイト https://www.xdata.jp/
関連ニュースリリース https://www.xdata.jp/news/1376.html

 

 

以上

カテゴリー: PRESS, xross data タグ: ,

[xross data] バージョンアップ – 商品マスターインポート機能、他

2015年12月07日(月)、xross dataをバージョンアップ致しました。

バージョンアップの内容は以下の通りです。

 

1.商品マスターのインポート機能

これまで、カート放棄リタゲメールで利用する商品データは、xross dataのタグ(以下「xdタグ」)によりWebサイトの商品詳細ページから取得した情報を活用していました。

この場合、カート放棄リタゲのHTMLメールに表示する商品画像を入れ替えたり、商品名を変更することができず、HTMLメールに表示される画像サイズが大きいままであったり、粗い画像が表示されることがありました。

商品マスターをインポートすることで、たとえxdタグで商品画像のURLや商品名を送信していても、インポートされた情報を優先的に利用するため、任意の商品情報をリタゲメールで会員にお届けすることができるようになります。

 

また、商品マスターでは、在庫情報や販売期間など細かな情報を登録することができるため、例えば在庫数がn個以下の商品や、販売期間が経過している商品はメールに含めないという設定が可能です。

これにより、在庫切れが発生している商品や販売終了している商品をお客様にお勧めすることがなくなるため、安心して運用できます。

 

2.カート放棄の定義設定機能

カートに放棄された商品情報は、たとえECサイト側ではカートから削除されてもxross dataにはカート放棄情報として記録され続けます。

例えば、半年前にカート放棄したTシャツは、今でもカート放棄中として保存されています。仮に本日、ダウンジャケットをカート放棄した場合、明日のカート放棄リタゲメールでは、ダウンジャケットとともにTシャツも推奨されてしまいます。

半年前にTシャツをカート投入したことも忘れている会員に対して、冬にTシャツをリマインドすることはできません。

カート放棄の定義設定では、カート放棄期間を設定することができます。例えば30日と設定すると、カート放棄後30日が経過した場合、その商品はカート放棄のログから削除され、その後にリマインドされることがなくなります。

 

3.SPIRAL連携

株式会社パイプドビッツが提供するPaaS『SPIRAL®」と連携を開始しました。

 

 

 

以上

 

 

カテゴリー: NEWS, xross data タグ: ,

年末年始休業のお知らせ

誠に勝手ながら、以下の年末年始期間の営業を休業とさせていただきます。

 

■休業期間

2015年12月29日(火) 〜 2016年1月4日(月)

休業期間中のお問合せ等につきまして、ご利用中の皆様に何かとご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承頂きますようよろしくお願い申し上げます。

 

なお、システム監視とサーバ管理は年末年始も休まず対応しております。
また新年は、2016年1月5日(火)10時より通常営業を開始致します。

 

来年も引き続き変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

カテゴリー: NEWS

[xross data] 最先端LPOツール「DLPO ACT」と連携開始

株式会社セラン(東京都千代田区、代表取締役 佐々木 孝司、以下『セラン』)のマーケティングオートメーションツール「xross data」が、データアーティスト株式会社(東京都渋谷区、代表取締役 山本 覚)が開発・提供する最先端LPOツール「DLPO ACT」との連携を開始しました。

 

xross dataは、大規模なマーケティングオートメーションツールを導入する前のファーストステップマーケティングとして、例えばカート放棄した会員に対してのリマインドメール配信など、行動ログを組み合わせた効果の出やすい簡単な施策からデータベースマーケティングを試したい、そのようなニーズにマッチする新しいクラウド型サービスで、2014年8月の提供開始から多くのWebサイトに導入されています。

 

この度、xross dataとDLPO ACTの連携を実現したことにより、メールアドレスを獲得していない会員やゲストユーザーに対しても、xross dataで設定したセグメント別に、サイト上でリテンション施策を行うことができます。

 

実現できるサイト上でのリテンション施策の例

  • カート放棄したユーザーが再訪問した際に購入を促すコンテンツ表示
  • 会員登録後、未購入のユーザーが訪問した際にオファーコンテンツ表示
  • 購入金額と訪問回数による会員ランク別にコンテンツ表示
  • 特定の属性を持つ会員にのみオファー表示
  • n回目の訪問ゲストに対してオファー表示

 

xross dataは、会員、ゲストを含めた訪問ユーザーに対して各種セグメントデータを付与することができ、そのセグメントデータをシームレスにDLPO ACTに受け渡すことでコンテンツの出し分けを実現します。

 

151006-0002

 

 

また、xross dataのタグはDLPO ACTのタグと連携しているため、各コンテンツのインプレッション数やクリック数、アクション数をxross dataで計測することが可能です。

 

セランは、大量の行動ログを解析する技術を活かし、企業と顧客との良質なコミュニケーションを支援するため、今後もさらなる機能・サービス拡充に努めてまいります。

 

『xross data』について  https://www.xdata.jp/

株式会社セランが開発・提供する「xross data(クロスデータ)」は、LITEな感覚でリターゲティングを自動化するためのマーケティングツールです。タグの設置だけで、行動ログから顧客を自動的にデータベース化し、様々なセグメント条件を設定して即座にターゲットリストを生成することができます。

 

[提供形態/販売価格]

クラウドサービス(ASP・SaaS)

初期費用:50,000円(税別)

月額費用: 40,000円(税別)〜

 

 

『DLPO ACT』について  http://www.data-artist.com/dlpo/act/

「DLPO」はデータアーティストによるWEBマーケティングサービスで、A/Bテスト・多変量テスト・ターゲティングでCVR向上を実現できる高機能LPOツールだけでなく、マーケティングの理論に基づきコンバージョン最大化のための仮説・検証をLP制作の段階からトータルにサポートするコンサルティングを提供しており、大手ネット企業を中心に450サイト以上に導入されています。

[提供形態/販売価格]

・クラウドサービス(ASP・SaaS)

初期費用:50,000円~(税別)

月額費用: 50,000円(税別)~

 

 

【本ニュースリリースに関するお問合せ先】

株式会社セラン

広報担当

TEL:03-5289-9577

FAX:03-5289-9578

E-Mail:info@cellant.jp

カテゴリー: PRESS, xross data タグ: ,

[xross data] バージョンアップ – 会員マスターのインポート機能、他

2015年10月01日(木)、xross dataをバージョンアップしました。

バージョンアップの内容は以下の通りです。

 

1.会員マスターのインポート機能

ECサイトのデータベースで管理している会員データをインポートして、タグ導入以前に獲得した会員もリテンション施策の対象にすることができます。

例えば、誕生日メールや会員の属性情報をセグメント条件にしたメールなどアクセスログが無い会員に対して施策を打つなど思いのままです。

インポートする項目は自由に設定することができ、氏名やメールアドレスなどの個人情報は全て暗号化されて保存されます。個人情報へのアクセスは権限を持つユーザーのみ許可されるため、安全にお使い頂けます。

 

2.施策効果レポート

リテンションメールの効果測定は、施策別の配信数、開封数や売上金額などの施策効果をxross dataの管理画面上だけで確認することができる非常に便利で強力なレポート機能です。

2015年10月01日現在、施策効果レポート機能に対応したメール配信サービスはCuenote FCのみとなります。

他メール配信システムも随時対応予定です。

 

3.ターゲティング・ハブ

xross dataで管理する会員の属性データや、アナリティクスで分析した会員別のデータをクッキーに連携して、DMPやLPOツール、アクセス解析等の外部システムとデータ共有することができる機能です。

クッキーに連携できる情報は標準で27種類あり、性別や年齢帯といった会員の属性情報のみならず、カート放棄中フラグや購入総額など、行動ログを使ったデータも連携することが可能となっています。

この機能を用いることで、例えばLPOツールであればxross dataで分析したデータに基づいたコンテンツの出し分けをしたり、アクセス解析ツールであれば、属性データや行動データをカスタム変数に代入してセグメント情報として活用することができます。

ターゲティング・ハブはオプション費用が発生します。

 

4.メール連携機能の強化

フリークエンシー機能を追加しました。フリークエンシー機能により、同じ会員に複数のリテンション施策メールが送信されることを防ぐことができます。

例えば7日間で設定すると、一度何かしらのメール(例えばカート放棄リマインド)が送信された場合、その後7日間は、その会員にメールが送信されません。

この制御を行うことで、顧客との信頼関係を守り良質なコミュニケーションの手助けになります。

尚、メール種別でフリークエンシーを無視する設定ができ、この設定がされているとフリークエンシー設定に関わらず送信されます。これは誕生日メールなどに効果的です。

 

以上

カテゴリー: NEWS, xross data タグ: ,

[xross data] CRMツール「クライゼル」と連携開始

株式会社セラン(東京都千代田区、代表取締役 佐々木 孝司、以下『セラン』)は、株式会社セプテーニ・ホルディングス(本:東京都新宿区 代表取締役社長:佐藤 光紀)の連結子会社で、トライコーン株式会社(本:東京都新宿区 代表取締役社長:松田 忠洋、以下『トライコーン』)が提供する CRMツール「クライゼル」と連携し、カート放棄やお気に入り登録、商品閲覧など、ユーザーの行動履歴に応じたリテンション施策メールを「クライゼル」から自動配信する機能を「xross data」に追加し、2015年08月24日から提供を開始いたします。 

 

 

実現できるリテンション施策メールの例

 

  • カート放棄商品のリマインドメール

  • お気に入り登録商品のリマインドメール

  • 商品閲覧履歴のリマインドメール

  • 会員登録後に未購入の会員に対してのフォローメール

  • 最終訪問から○○日以上経っている会員に対しての訪問促進メール

 

上記例は、すべてxross dataの施策プリセットとして標準で用意されています。また、システム連携の設定やターゲットリスト生成条件および連携タイミングは全て管理画面から選択方式で設定することができるため、システムに詳しくない担当者でも簡単に導入することが可能です。

 

xross dataとクライゼルのシステム連携イメージ図

 

150821-0001

 

セランは、大量の行動ログを解析する技術を活かし、企業と顧客との良質なコミュニケーションを支援するため、今後もさらなる機能・サービス拡充に努めてまいります。

 

『xross data』について  https://www.xdata.jp/

株式会社セランが開発・提供する「xross data(クロスデータ)」は、LITEな感覚でリターゲティングを自動化するためのマーケティングツールです。タグの設置だけで、行動ログから顧客を自動的にデータベース化し、様々なセグメント条件を設定して即座にターゲットリストを生成することができます。

 

[提供形態/販売価格] クラウドサービス(ASP・SaaS)

初期費用:50,000円(税別)

月額費用: 40,000円(税別)〜

 

【本ニュースリリースに関するお問合せ先】

株式会社セラン

広報担当

TEL:03-5289-9577

FAX:03-5289-9578

E-Mail:info@cellant.jp

 

 

カテゴリー: NEWS, xross data タグ: ,

[xross data] メール配信システム「Cuenote FC」と連携開始

株式会社セラン(東京都千代田区、代表取締役 佐々木 孝司、以下『セラン』)は、阪急阪神東宝グループのユミルリンク株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 清水 亘)が開発・提供するメール配信システム「Cuenote FC」と連携し、カート放棄やお気に入り登録、商品閲覧など、ユーザーの行動履歴に応じたリテンション施策メールをCuenote FCから自動配信する機能を「xross data」に追加し、2015年07月30日から提供を開始します。

 

xross dataは、キャンペーンマネジメントツールや大規模なマーケティングオートメーションツールを導入する前のファーストステップマーケティングとして、例えばカート放棄した会員に対してのリマインドメール配信など、行動ログを組み合わせた効果の出やすい簡単な施策からデータベースマーケティングを試したい、そのようなニーズにマッチする新しいクラウド型サービスで、2014年8月の提供開始から多くのWebサイトに導入されています。

 

この度、xross dataとCuenote FCの連携を実現したことにより、Cuenote FCをご利用のお客様は、Webサイトの行動履歴からリピート購入やアップセル、クロスセルなどを促進するリテンションメールを、システムのカスタマイズコストをほとんど掛けずに、自動で配信することができます。

 

実現できるリテンション施策メールの例

 

  • カート放棄商品のリマインドメール

  • お気に入り登録商品のリマインドメール

  • 商品閲覧履歴のリマインドメール

  • 会員登録後に未購入の会員に対してのフォローメール

  • 最終訪問から○○日以上経っている会員に対しての訪問促進メール

 

上記例は、すべてxross dataの施策プリセットとして標準で用意されています。また、システム連携の設定やターゲットリスト生成条件および連携タイミングは全て管理画面から選択方式で設定することができるため、システムに詳しくない担当者でも簡単に導入することが可能です。

 

xross dataとCuenote FCのシステム連携イメージ図

 

150721-0009

 

セランは、大量の行動ログを解析する技術を活かし、企業と顧客との良質なコミュニケーションを支援するため、今後もさらなる機能・サービス拡充に努めてまいります。

 

『xross data』について  https://www.xdata.jp/

株式会社セランが開発・提供する「xross data(クロスデータ)」は、LITEな感覚でリターゲティングを自動化するためのマーケティングツールです。タグの設置だけで、行動ログから顧客を自動的にデータベース化し、様々なセグメント条件を設定して即座にターゲットリストを生成することができます。

 

[提供形態/販売価格]

クラウドサービス(ASP・SaaS)

初期費用:50,000円(税別)

月額費用: 40,000円(税別)〜

 

『Cuenote FC』について  http://www.cuenote.jp/fc/

Cuenote FCは、独自開発したMTA(配信エンジン)と10年以上サービスを提供し続けてきたノウハウにより、300万通以上/時の一斉メール配信速度を実現し、月間のメール配信数30億通の実績を誇るメール配信システムです。効果的なメールマーケティングを実施するための会員収集機能や効果測定機能を搭載し、システム連携に必要な各種APIを提供しています。提供形態は、クラウド型サービス(ASP・SaaS)とオンプレミス型ライセンスがあります。

 

[提供形態/販売価格]

クラウドサービス(ASP・SaaS)

初期費用:30,000円~(税別)

月額費用: 5,000円(税別)~

 

オンプレミス型(ライセンス)

初期費用:2,250,000円~(税別)

月額費用: 46,000円(税別)~

 

 

【本ニュースリリースに関するお問合せ先】

株式会社セラン

広報担当

TEL:03-5289-9577

FAX:03-5289-9578

E-Mail:info@cellant.jp

 

 

カテゴリー: PRESS, xross data タグ: ,

[xross data] DNP大日本印刷提供のDMPサービス diip®と連携開始

2015年7月8日、xross dataログストレージが、大日本印刷株式会社が提供するDNPオムニチャネル対応データマネジメントプラットフォーム(DMP)サービス diip®のオンラインログストレージツールとして連携したことをお知らせします。

 

 

 

カテゴリー: NEWS, xross data

[xross data] バージョンアップ – 商品分析機能を追加

2015年6月30日(火)、LITEにはじめるクラウド型マーケティングオートメーションツールxross data(クロスデータ、以下『xross data』)をバージョンアップしましたのでお知らせ致します。

 

今回のバージョンアップでは、主に以下の3つの機能を提供します。

  1. 商品分析
  2. ライブモニターの機能拡張
  3. メール連携機能の拡張

 

続きを読む ›

カテゴリー: NEWS, xross data タグ: ,

ご興味のあるお知らせはありましたか?

担当のスタッフがご連絡致します。
お気軽にお問い合わせください。